建物の耐震性を判断する方法!

耐震基準の「旧」と「新」何が違うの?
19816月より前の基準が旧耐震基準、それ以降の建物は新耐震基準で建てられている。


大地震でも建物が倒壊しないよう建築基準法を1981年に改正

JABブランドの建物は新築なので、合格!
1950年に耐震基準を定めた建築基準法は、人命の保護や財産の保全を目的としており、日本の建物はすべて基準を守らなければならない。「耐震基準は大地震のたびに見直され、19816月に改正された新耐震基準で極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないことが前提になりました。実際に阪神大震災では、新耐震基準で建てられた建物で倒壊したケースはありません」。ただし、壁がひび割れたり、配管が壊れたりする可能性はある。

耐震性は、壁の量にもかかわっている!

 


建築基準法により、耐震強度は壁の量にもかかわる。建物を支える壁の量が適切で、縦、横方向にバランス良く配置されていることが大切。

JABンブランドホテルの客室面積は13~16平方くらいで、各客室の面積が平均に配置されているので、実は、普通の住宅よりもっと強い耐震性を持っていること!


【耐震診断の主なチェック内容】
¨ 壁の量が足りているか
¨ 壁の配置のバランスがとれているか
¨ 全体の劣化度
¨ 地盤が沈下していないか
¨ 基礎にひびが入っていないか など


è JABのホテルは新築で、壁の量と配置も適切なので問題なし!また、JAB不動産の維持管理はプロの不動産管理会社に委託されているので、ビル全体の定期検査、維持を行っている!

ご心配なく!

友情リンク
本サイトに掲載されている全ての写真及び映像データーは参考です。実物はこれらと異なる場合があります。
© 2018 JAB デベロゝンプメント株式会社 
                          深圳市新晋利贸易发展有限公司