數字資本之大阪調查報告


2029年までにAIIoT、ブロックチェーン、5G6,380億円を都市経済に注入

 

これら4つのテクノロジーが、東京に次ぐ国内第2位の金融センターである大阪経済にとって重要な推進要因となる

 

大阪 – July 27, 2020 – Digital Realtyの新たな調査によると、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーン、5Gによる年間収益は、世界60都市において2029年までに7,210億ドルにのぼる見込みとなった。「Digital Capitals Index:大阪」は、Development Economics社と共同で作成されたもので、これらの革新的テクノロジーが新規雇用、新規ビジネス、新規産業、公共サービスの向上を通じて今後10年にわたり大阪の都市経済にもたらす価値を検証した。2029年までに世界をリードするデジタル中心地になると予測される10都市(ランク順)は以下のとおり。

 

・ニューヨーク市

・ロサンゼルス

・東京

・サンフランシスコ

・シンガポール

・ロンドン

・シカゴ

・トロント

・パリ

・香港

 

大阪は日本で第2位の金融センター

大阪経済を支える重要な要素の1つに、金融部門の貢献が挙げられる。大阪は古くから国内第2位の重要な金融センターであり、AIやブロックチェーンなどのテクノロジーは既に、金融サービスの提供やその利用において重要な役割を果たしている。これらテクノロジーの重要性は、今後10年ほどでの間にさらに高まることが見込まれる。

 

大阪は現在、世界をリードするデジタル先進都市の中で34位にランキングされており、AIIoT、ブロックチェーン、5G4つのデジタルテクノロジーによる大阪経済への貢献は、現在の概算で1,970億円に相当し、都市経済全体の1.74%を占めている。4つのテクノロジーのうち、最も貢献度が高いのはIoTで、次いでAI、ブロックチェーン、5Gと続く。

 

2024年までに、これらのテクノロジーの価額は4,000億円に達し、2029年までには最終的に6,380億円、大阪の経済全体の4.91%に達する見込みである。全体的な予測増加額の47%強がAIによる貢献で、5Gの貢献は24%強になる見込みである。

 

Digital Realtyのアジア太平洋地域担当マネージングディレクターであるMark Smithは、次のように述べている。「大阪にはテクノロジーに精通した消費者が多く、デジタル製品やデジタルサービスに対する需要が高い。AIやブロックチェーンなど、金融サービスをサポートするテクノロジーへのニーズも相まって、大阪では今後10年に渡り、これらのテクノロジーが大きく成長・普及するものと見られる。大阪には、法務・会計監査、ビジネスコンサルティング、不動産管理、ITサポートサービスなどの幅広い専門サービスおよびビジネスサポートサービス産業の中心地でもある。これらの産業は、すべてデジタルテクノロジーと、そのテクノロジーを利用したイノベーションに依存している」

 

AIの世界的普及

世界的に見て、4つの主要テクノロジーの中でもAIが、各都市の価値成長の46%を占めると予想される。増加全体のさらに22%5G、約21%IoTによるもので、ブロックチェーンが残り11%を占める見込み。

 

大阪におけるこれら4つのテクノロジーの成長率は、今後510年に渡って変化する。2024年までの最大の貢献要因はAIで、その貢献額は2019年の約600億円と比べ、年額で1,010億円増の約1,620億円(2019年比168%)になると見られる。

 

2029年までに、これら4つのテクノロジーを合わせた大阪における経済全体への貢献度は、2019年の1.74%から4.9%強に上昇する見込みである。この成長で最も大きな割合(47%強)を占めるのがAIで、5G24%強を占める。

 

AIIoT5G、ブロックチェーンのどの新興テクノロジーも、その中心にあるのはデータである。毎日2,940億件のメール、50億件のインターネット検索[1]4,826億件の電子金融取引が発生していることを踏まえれば、これは驚くことではない。[2]ただし、データ主導型のテクノロジーは始まったばかりにすぎない。これら4つのテクノロジーを利用したビジネスアプリケーションだけでも、新たに膨大なデータを生み出し、世界中の人々やビジネスに多大な価値をもたらすことになる。






友情鏈結
本網站刊載之所有圖片及影片資料僅供參考。一切以實物為準
© 2018 JAB デベロゝンプメント株式会社

               深圳市新晋利贸易发展有限公司